色彩子育てプロデューサー Shiho

一児の母が始まった瞬間から、子育てと仕事の両立と、自分の使命の狭間でもがき苦しんだ数年間。
魂に刻まれた使命を開花させたい想いと運命の波がリンクした瞬間、会社員を離脱した。ママでも真の使命に目覚めて、子育てと使命を両立できる色彩数秘プログラムを開発。同時に未来に生きるこどもたちの社会のために貢献できるママを育てる講師養成スクールも開講中

記事一覧(48)

きらきら眼差し★保育園ワーク

こんにちは!色彩子育てプロデューサーのシホです。先日、ずっと夢だった保育園での色彩レッスンを行う機会を頂きました!ずっと夢だったんです。小学校に上がる前に、幼児期に伝えたい答えがないことへの抵抗感がつく前に。こどもたちの記憶の1ページになってくれたら。そう願って行ってきました。東京の認定講師お2人も一緒に!20人のこどもたちを相手に、3人の講師じゃ少なかった (;'∀')あと1-2人いたら・・そんなことも思いました。でもね、こどもたちの、始まる前のキラキラした瞳、色が変化するときのワクワクした瞳どの子をとってもキラキラしてました!こども色彩には、決まった答えはありません。見本もありません。やり方も、最低限です。色水をつくるのだって、目分量です(笑)お友達の、半分と自分の半分お友達の、少なめな量と自分の少な目の量同じものをみてるはずなのに、同じ感覚じゃない。同じ色をつくったはずなのに、同じ色になっていない不思議はいっぱい!!だけど、みんな、それちがう!!!!って言い合っていませでした。へーーーーって見てた。なぜなら、へーーーって講師が言ってるから ^^それが、●●ちゃんの半分なんだね?なるほど~ いいね!って(^^♪作ろうとした色が作れなかったとき、間違いかもって、思っていたこどもたち。新しい色がつくれたね!って言われたその瞬間目を見開いてました!!間違った、失敗したってちょっと思ってたのかもしれない。だけど、間違いじゃないって言われて、もっと素晴らしいことしたって思えたのかもしれないそのあとから、とーーても誇らしげ(^^♪色づくりには、正解はないどんな色になっても、ちゃんとした色なんです。だから、違いはあっても、間違いじゃないってことを体験を通して、優しく伝えることが出来る。保育園での 色彩レッスンはわたしにとっても、一緒にやった講師にとっても素晴らし経験になりました。ずっと、やっていたい!そう思えるほど(^^♪最高な宝物な時間でした♪幼児期にこそ、彩りのある豊かな生活を~