色彩の神秘、色彩の癒し、色彩の・・・

こんにちは、
色彩子育てプロデューサーのシホです。

息子不在の教室準備は、
とっても静かで、とても神聖で、

もっとも、色彩を感じる環境にいながらも、
色彩を味わう時間は、意外にも少なくて、

久しぶりの、穏やかで、色彩に浸る時間を持てました。


これは、息子の成長の証です。

でも、息子は、最後まで、
今日のレッスンが気になり、

何をするのか?

何を使うのか?

どうやるのか?

誰がくるのか?

しきりに聞いてきていました。( ´艸`)


そして、さらには、

「ママさ、オレが1年になったら、
もっと違う色彩の勉強できるっていったじゃん?
してないよ。嘘つき!!」

とまで 笑

どこまで、君は色彩の虜なのでしょうか?

色彩というよりも、
こども色彩の虜なのだと思います。


考えることと、
表現することが、

自由に表現することへの挑戦

どんどん溢れ出す才能は、

わたしのうんと先を
行っているようにも思います。


前回から、
息子にお願いしているのは、
写真撮影。

お教室のテーマを
撮影する時間を自宅で敢えて設けました。

息子の役割を少しづつ変えていくこと。

息子の興味を少しづつヴァージョン挙げていくこと。

それでも、
やらないって言ったときは、
それで、OKですけどね。

だって、いい写真とるんですよ。

親バカですけど ( ´艸`)

同じものを、
同じアングルで撮っても、

息子とわたしの、
全然違う。

断然、息子作のほうが、
わたしは好きです。


色彩子育てスクール

こどもの生まれながらの個性に寄り添いながら、 豊かな感性と考える力を育てます。 こどものために、自分のために、これからの社会に 貢献したいママのための講師養成スクール