この教室いいよね~

6月のはじめの「こども色彩知育教室」

ママたちが言ってくれるんです。

行きたいって言うの。

習い事ってさ、嫌がったりするじゃない?
でも、行きたいっていうんだよね。

そう、うちの子もそうです。

色彩は休みたくない!!

っていうの。

絵の上達や、制作の上達を目的にはしていない。
けど、

幼稚園や、保育園で教えてもらう
ありきたりな制作とも一味ちがって、

色の知識が静かに刷り込まれながらも、

そのまんまを認めてくれる。

指摘もない。

アドバイスも、忠告もない。

なぜなら、

それが目的じゃないから。

このこども色彩知育教室は

自分の思っているものをアウトプットする教室だから。

自分がいい!って思ったものを
堂々と表現する場だから。

そして、それを言葉に乗せて
想いを伝える場だから。


最近、私は、
息子の習いごとが新しく始まりました。

私の想いの一つに、

第三者にこどもを丸ごと受け入れてもらえる場を
持たせてあげたい。

そう思っています。

それは、このこども色彩知育教室の私の想いでもあるからです。

だけど、

親子で教室をやってると、、第三者ではない (^^;)

だから、
こどもにも、そういう場をもたせてやりたいなって思ったんです。

でもね、

わかりました。

ないんです。

こんな教室が。

だって、
多くの習い事が、

上手なところ、
できたところ、
上達したことは褒めてくれます。

それも、もちろん大事なことです。

だけど、
こどものそのままの姿を
褒めてくれるところってないなーーって思ったんです。

だから、この教室のある意味、
必要とする意味

私は改めて感じたんです。


こども色彩知育教室は
大阪を中心に広がり始めました。

ぜひ、そのまんまを褒める子育てを一緒にしていきませんか?





こども色彩知育教室
船堀一之江クラスは、

第一.三日曜日 10:30-11:30で開催しています。

次回募集は
7月4日(日)10:30-11:30
7月16日(日)10:30-11:30

お申込みはこちら

色彩子育てスクール

こどもの生まれながらの個性に寄り添いながら、 豊かな感性と考える力を育てます。 こどものために、自分のために、これからの社会に 貢献したいママのための講師養成スクール